◆祝国民体育大会出場&祝ジュニアオリンピック出場

2018/10/21
陸上競技部の市原怜華さん(3年)が国民体育大会に出場し、菅野翔太くん(3年)が国民体育大会とジュニアオリンピックに出場しました。両名の活躍を祈念し同窓会から横断幕を寄贈しました。

校長先生からお礼のメールが届きました。

山下会長  様

 お世話になります。
 本校生徒の中国・全国レベルの大会への出場に際し、横断幕作成等により御激励・御支援を賜り、心より感謝申し上げます。
 さて、10月にありました福井国体、陸上ジュニアオリンピックの激励横断幕の写真を送付いたします。全国大会となると、なかなか成績は残せませんが、本人にとっては自信や誇りとし、今後の人生の励みにしてくれるものと思います。
 本当にありがとうございました。

 川中中学校 森永 亮

◆祝全国大会出場&祝全日本ジュニアバトミントン選手権大会出場&祝中国大会出場

2018/08/27
今年も後輩たち頑張っています!
陸上競技部・卓球部・柔道部が中国大会に、陸上競技部・柔道部が全国大会に、バトミントン部が全日本ジュニアバトミントン選手権大会に出場したので、同窓会から横断幕を寄贈しました。(校長先生からお礼のメールと写真が届きました。)

山下会長  様

 お世話になります。
 さて、本校生徒が運動や文化の各方面で多くの活躍をしています。これも一重に保護者や同窓会の皆様方のお陰と、心から感謝申し上げます。特に、部活動において中国や全国のレベルの大会に出場する場合には、横断幕の作成にあたり多大なる御支援を賜っておりますこと、重ねて深く御礼申し上げます。
 御支援いただきました中国大会・全国大会の横断幕の写真を送付いたします。残念ながら、中国・全国で入賞を果たすことはできませんでしたが、出場した選手にとっては大きな財産になったことと思います。今後、ジュニアオリンピック等に出場する生徒について連絡が入ることと思いますが、その折には、引き続き御支援いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
 本当にありがとうございました。

  下関市立川中中学校 校長  森永 亮

◆青少年非行防止に関する作文コンテストで福井寛太くんが最優秀賞を受賞

2018/08/27
下関市の中学生を対象にした「第68回社会を明るくする運動」のひとつである「青少年非行防止に関する作文コンテスト」において、福井寛太(2年)が最優秀賞を受賞し、森 陽菜(2年)が教育長賞をそれぞれ受賞しました。また、古水大貴(2年)瀬尾尭史(2年)瀧本咲穂(2年)清家 瑛(2年)が優秀賞を、藤田陽茉里(2年)庄島克紀(2年)新谷恭平(2年)が佳作を受賞し、全表彰者26名の内、川中中学校の生徒が9名を占め、参加した中学校の中で最大の受賞者数となりました。受賞された皆さんおめでとうございます。

◆平成29年度同窓会入会式を行いました。

2018/03/22
3月8日(木)8:40より、平成29年度の同窓会入会式を行いました。今年度の卒業生215名を迎え、卒業総数15,738名となりました。

◆平成29年度の同窓会総会を開催しました

2017/12/08
12月2日(土)17時から平成29年度の同窓会総会&懇親会を川中公民館にて開催しました。昨年度の総会で様々なご意見を伺いましたが、今年も例年同様の企画での開催となりました。しかし、初めて女性の参加があり華やいだ雰囲気の中で開催することが出来たことと、同窓会のホームページを見て参加頂いた同窓生もいるなど、参加者に広がりがあったことは来年に向け明るい材料となりました。最後に今年も参加者全員で校歌を歌い、来年の再開を誓い合いました。

◆平成29年度同窓会総会開催のお知らせ

2017/11/15
平成29年度の川中中学校同窓会を次により開催します。総会終了後、懇親会を行い世代を超えた親睦を深めたいと思います。多くの同窓生のご参加をお願いします。
日  時:平成29年12月 2日(土)17時〜
場  所:川中公民館(第2研修室)
懇親会費:3,000円
お問い合わせは、090−7139−9396(山下)まで

◆後輩たち頑張っています!

2017/10/15
例年、中国大会と全国大会に出場する後輩たちにエールを送るため同窓会から横断幕を寄贈していましたが、今年は、国民体育大会に水泳競技部の福田光馬君(3年)が4×100mリレーで、ジュニアオリンピックに陸上競技部の居原照高君(3年)が円盤投げに、横田 蒼さん(3年)が100mに、市原怜華さん(2年)が4×100mリレーに出場したことから、横断幕の寄贈が2枚になりました。後輩たち頑張っています!

◆児玉典彦校長退任の挨拶

2017/04/01
 私の教員生活は実質36年間です(途中病気で1年間休職したため)。その36年間のちょうど半分、18年間を川中中学校の教職員として過ごせたことを、とても幸せに思っています。
 思い返せば、昭和55年に採用され、美祢市に着任。4年間勤務した後、昭和59年4月に、下関に戻った私が赴任した学校が、垢田中学校と分離する前の川中中学校でした。当時は、プレハブが林立する、異常に人口密度の高い学校でした。でも、校舎の窓から北を見ると田園と玄界灘がひろがり、のどかな景色にずいぶんと癒されました。結局、この川中中学校で教諭として平成11年3月まで勤務し、その間、担任だけでなく研修主任や教務主任を経験させてもらいました。当時30代だった私に重責を託した当時の校長先生は、きっと清水の舞台から飛び降りるような思いで決断されたのだろうと、自分が校長になってからその勇気に感心をしています。しかし、その大英断によって、ずいぶんと勉強をさせてもらいました。また、保護者や地域の皆様にも、ご理解とご支援を賜り、心から感謝申し上げます。
 その後、宇部市や美祢市で教頭、校長を経験させてもらい、平成26年度からは、校長として奉職することとなりました。合計18年間もお世話になったことに不思議な縁を感じています。
 さて、私は教員生活を終えますが、川中中学校の「日本一学びが好きな学校」への挑戦は平成35年度まで続きます。こんな大それた目標が達成できるのかと危惧される方も多いとは思います。でも、この目標は、必達目標ではなく、めざすための目標です(目標には「達成するための目標」と「めざすための目標」があります)。生徒が一歩でも「日本一」に近づこうと努力すれば、目標の意義は果たせます。
 そうは言っても大きすぎる目標です。生徒や教職員の気持ちが萎えることがあるかもしれません。その時には、地域や保護者の皆様の声援で川中中学校を立ち上がらせてください。どうぞ、川中中学校をよろしくお願いします。
長い間、お世話になりました。 児玉典彦

◆平成28年度同窓会入会式が行われました

2017/03/09
3月8日(水)8時40分より、第70回卒業生の同窓会入会式が川中中学校アリーナで行われ、同窓会長が出席し卒業のお祝いと同窓会入会への歓迎挨拶を行いました。今年度の卒業生は244名で卒業生総数は15,523名となりました。

◆平成28年度同窓会総会を開催しました

2016/12/12
11月27日(日)17時より川中公民館にて平成28年度の同窓会総会&懇親会を開催しました。川中中学校の変遷をプロジェクターを使って放映したらどうか。仕事等の都合で出席できない同窓生からメッセージを届けてもらったら。恩師からのメッセージも欲しいなどなど、来年度の総会に向けて様々なご意見を頂きました。
また、懇親会では参加者が輪になって校歌を合唱するなど、例年になく大いに盛り上がった同窓会総会でした。来年は、更に多くの同窓生のご参加をお待ちしております。

前ページ TOPページ 次ページ

管理者用