ご挨拶

kaicho2017【同窓会長 あいさつ】

川中中学校同窓会ホームページにようこそ! このホームページは、同窓生だけでなく川中中学校とご縁のあった方々の「交流の場」「情報交換の場」「親睦の場」そして「母校の応援の場」として開設しました。

1947年(昭和22年)に川中中学校の前身である下関市立北部中学校として開校(2年後に川中中学校と勝山中学校に分離)した私たちの母校は、都市計画道路長府綾羅木線の整備に伴い、2010年(平成22年)4月に川中公民館横(伊倉新町4丁目6番1号)へ、教科センター方式の学校として新築移転しました。市内最大規模の生徒数を抱える大規模校として、市内中学校教育の中核を担う学校となっています。

これからも、同窓会員一同、応援団として川中中学校のますますの発展のために協力していきたいと思います。

このホームページを通じて、クラス会・同期会・同窓会や先生方並びに母校の情報などを発信することによって“同窓生の絆”が深まれば幸いです。

同窓会長 山下 隆夫


【学校長 あいさつ】

このたびの人事異動で着任いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

令和2年に入り、大人も子どもも今まで経験したことの無い感染症で、3月3日より休校に入りました。3月27日の登校日には、終業式、離任式を実施し慌ただしく昨年度を終えました。当たり前であれば、4月8日より令和2年度、全校生徒657人、22学級での新学期のスタートでしたが、遅れてスタートします。

現在の教育課題は、「社会の変化に対応できる人間力の育成」です。これから将来生きていく社会は、これまで以上に多様な価値観のもとで、情報化や国際化が進んで参ります。現在の感染症の問題や国際紛争、環境問題、あるいは経済問題など多くの課題があります。

このような時代の中で、学びが好きな子ども、保護者、地域であるように、学校教育目標を「日本一学びが好きな学校」7つの挑戦を平成27年度から取り組んでいます。

子どもが、社会に自立でき、問題解決に協働で取り組める人間力の礎となる「学び」を在学中に体験できるように、職員一同、全力で尽くす所存でございます。子どもたちの健やかな成長のために、学校と家庭、地域が力をあわせてこそ、教育の成果は期待できるものであります。さわやかで躍動感にあふれた学校を創って参りたいと思います。どうか、本校の教育活動に対して、同窓生の皆様、御理解・御協力をよろしくお願い申し上げます。

校長 瀬下 信二